Img_d71a1871cdefdc314e86764ad091ccf9
個人的に、とても美しいお野菜セット。
楽しんでいただけたら嬉しいです。

秋も、冬も、お野菜が美味しい。
とことん、食べてもらいたいと
むくむくと思っています。
赤字覚悟のビュッフェ、やろうかなと。
それくらい、食べてほしい。

やろうかどうか、迷っています。
でもやりたいですが
赤字の具合によりますね、、、
Img_20f76eb8a428c065c33ee122b948ba18
SHISEIDO THE TABLES 五季膳の会 〜蓄えの季節〜
種、根、葉、花、実。「野菜の一生」を、作り手の物語とともに味わう夜
ゲスト:菓子屋 ここのつ 溝口実穂

「五季膳の会」は、季節を味わう一汁三菜の特別メニュー「五季膳」を、
その背景のストーリーとともに楽しむお食事会。

五季膳は「野菜の一生」である「種、根、葉、花、実」を丁寧に調理し、
5つの器へ盛りつけたお膳です。メニュー開発を手がけるフードデザイナーの
モコメシ・小沢朋子さんと、古来種野菜の八百屋warmerwarmer・高橋一也さんの
トークを聞く第一部、五季膳を味わう第二部、当店の“FOODS”に関わる
食のスペシャリストをゲストに招きお話を聞く第三部からなる三部構成。

今回の第三部のゲストは、SHISEIDO THE TABLESのために季節の
「甘いもの」をつくってくださっている「菓子屋 ここのつ」の溝口実穂さんを
お招きします。お菓子に対する思い、お茶とお菓子をあわせる楽しさなど、
お菓子をめぐるお話をうかがいます。この日のためにつくっていただいた
特別なお菓子も登場。ここのつ×SHISEIDO THE TABLESのスペシャルな
時間を体験しにきてください。

お申込み、詳細はこちら→ (Click!) 

--------

五季膳の会 〜蓄えの季節〜

開催日時:10月18日(木) 18:45 open / 19:00start / 21:00 close
開催場所:SHISEIDO THE TABLES
     〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-10
     SHISEIDO THE STORE内 4F
参加費 :5,000円(税抜)お食事(五季膳)つき
     ※イベントの代金は、SHISEIDO THE STOREメンバープログラムの
     カフェメニュー10%OFF優待の対象外です。
注意事項 :※当日のイベントおよび来場者の様子は、各種メディアで掲載・
     公開される可能性がありますのでご了承ください。

     ※本イベントのご予約をいただくには、株式会社資生堂が運営する
      「ワタシプラス会員」への登録が必要となります。(入会費・年会費無料)

お申込み、詳細はこちら→ (Click!) 
Img_c28f11809146e7d31d3f966ccb4f0b0d
今回の野菜もバラエティー!
秋らしいお野菜のセットになりました。

なつめは、収穫時期があっという間。
今週だけのスペシャルです。
そして、元祖エディブルフラワーの、もってのほか。
火のいれ方で、ふわっと花が咲く様子をみられたりするのですが
それがまたとても美しい。

今回は、ハロウィンももうすぐですし!
かぼちゃのこと、少し書かせていただきました。
種類、西洋?日本?ペポかぼちゃ?
色々ありますけど、
ズッキーニはペポかぼちゃと同じ仲間、というと
ちょっとした驚きがありますね。

先日、豊洲市場へ行ってきました。
見学会のときにみた時と、
市場の活気を取り込んだその市は
食のエネルギーを取り込んで
歴史がはじまることをビシビシと
感じざるを得ませんでした。

どの選択が正しいのかは
今はまだきっと誰にもわかりません。
でも、間違っていなかったかもしれない、
と、変化させていくことができるという可能性は
私たちの毎日の中にも、
少しだけあるんだなと、感じます。
これまでの築地がそうであったように
働いている方々と、私たちの毎日と、
私たちの胃袋と、続いているものだと思います。

関東以外の方々は
東京だけの、話でしょう、という感覚かもしれませんが、
築地は、日本の和食という食文化を
わざわざ広げることをしようとしたわけではなく、
そこに、存在する人たちの
日常の集合体、という形で
その、形を、世界から認められた場所なんだと思います。
直接、そこに関わる食生活をしていなくても
これが日本のスタンダード、と
世界はみているわけですから、
豊洲市場も、これから多いに変化をしていくのでしょうね。


先日、少しだけお伝えしました通り、
お野菜セットについて、料金改定のお知らせです。

warmerwarmer として立ち上げてからの
7年間、ずっとこの金額から変更せずに
続けてきましたが、
2018年11月1日より、
新たな金額設定をさせていただきます。

1回セット:4,320円→4,590円(4,250円+消費税/配送代込)
3回セット:12,300円→13,100円(12,150円(@4,050円)+消費税/配送代込)

10月にご予約、お申込みいただいた分は
ご入金、配送日時が11月にかかってしまっても
旧金額とさせていただき、
正式に11月1日以降、お申込みいただいた分は
新金額とさせていただきます。

ご理解いただけましたら、という言葉を
なかなか言い使えづらいのですが。。。
以下、10月5日のブログのコピーを記載いたします。
ご一読いただけましたら。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

warmerwarmer 高橋

——
11月より私たちが通常利用している
運送費用が上がります。

これまでいくつかの運送会社の費用が
一社ずつ順番に上がり
その度に少しでも安くと
いろんな配送業者を変えてきました。

私たちからみなさまへ配送する際の
配送代金はもちろんですが、
ひとつ一つのお野菜が
うちに届くためにかかる配送代も
それぞれにかかっています。

私たちだけでなく、農家さんたちも含めて、
情報交換をして、ダンボールのサイズを変えたり、
ダンボールを安価なものにしたり、
どうにかこの料金体制でふんばれないかと
やるべきことはやってきましたが、
今回に関してはみなさまと
この金額をシェアするしか
方法が見つからない状況となりました。
なんと言葉を綴り、お伝えしても
金額があがってしまうことは現実的なところです。

ご理解ください、という言葉でまとめられないですし
本当は言いたくないのが正直なところです、、、
が、、
11月より新料金体制となります。
今の金額より250円ほど上ってしまいます。

その分、お伝えすべきお野菜のあれこれ、
は色濃くお伝えしていきます。

詳細はまたwebやお野菜セットなどで
お知らせさせていただきますが、、
身勝手なお願いをこちらからばかりすみません。

ですが、これは、
配送業者のせいではありません。
そこはご理解いただきたいなと思っています。
こうなってしまった、カラクリは
そう単純なものではないですね。

明日、築地市場場内がその長い歴史の幕をおろします。
長い長い、ながい時間、
日本の食と、食文化を支えてくれたあの場所。
最後の市場を、体感しに今日もまたいつも通りに行ってきます。
いくつかの奇跡の時間が重なりあった市場。
あんな市場はもう二度と作れない。

本当に二度と作れないのだ。

次の場所の見学会にも行かせてもらった。
その場所だっていろいろと人の想いはあるけれど
唯一無二の場所になるはずだ。
箱、の状態から食がどう彩りをみせるかで
これからの豊洲市場の発展はある。
彩りというのは我々の生活の彩りだ。
私たちの意識にかかっている。
築地市場は
昭和を生きてきた方々が作ってきた場所。
であれば、
これからの豊洲市場は
わたしたちの生活がつくっていくもの。
だから見て行かなくちゃいけないと
心底、思います。

うちは古来種野菜を扱う八百屋だけども、
野菜全体の底上げがなされなければ、
古来種野菜が身近になるなんていうのはありえない。
そこに敢行も有機も関係ない。
これだけを食べていれば
これだけを見ていれば
という部分部分の成長がぐるぐる繰り返される中で
食文化の全体が動き出す。

だからスタートの段階で
いろんな人の想いが絡み合っているけれどもそれもみる、
その絡みさえそれが豊洲市場の歴史のはじまりだからだ。
部分部分で動いている人たちこそ
もっと市場の動きに目を向けるといいと思う。
食の全体がそこで動いている。
みると部分部分はどう動くべきか自ずと感じることができる。
‪二度と作れないあの築地市場の場内。‬
‪卸、という仕事の役割が持つ意味合い。‬
‪八百屋、という仕事の役割が持つ意味合い。‬
‪仕事がきちんとプロの間で‬
‪交換されてきた時代の市場。‬
‪それはいつもドラマティックだったように思う。‬
‪わたしたちはその市場に頭を下げに行ってきます!‬
‪育ててくれてありがとう、と!‬
Img_93b5b4c492bbb424254916c797532901
大切なお知らせをさせてください。


11月より私たちが通常利用している
運送費用が上がります。

これまでいくつかの運送会社の費用が
一社ずつ順番に上がり
その度に少しでも安くと
いろんな配送業者を変えてきました。

私たちからみなさまへ配送する際の
配送代金はもちろんですが、
ひとつ一つのお野菜が
うちに届くためにかかる配送代も
それぞれにかかっています。

私たちだけでなく、農家さんたちも含めて、
情報交換をして、ダンボールのサイズを変えたり、
ダンボールを安価なものにしたり、
どうにかこの料金体制でふんばれないかと
やるべきことはやってきましたが、
今回に関してはみなさまと
この金額をシェアするしか
方法が見つからない状況となりました。
なんと言葉を綴り、お伝えしても
金額があがってしまうことは現実的なところです。

ご理解ください、という言葉でまとめられないですし
本当は言いたくないのが正直なところです、、、
が、、
11月より新料金体制となります。
今の金額より250円ほど上ってしまいます。

その分、お伝えすべきお野菜のあれこれ、
は色濃くお伝えしていきます。

詳細はまたwebやお野菜セットなどで
お知らせさせていただきますが、、
身勝手なお願いをこちらからばかりすみません。

ですが、これは、
配送業者のせいではありません。
そこはご理解いただきたいなと思っています。
こうなってしまった、カラクリは
そう単純なものではないですね。
Img_6d6030e51ff12b2e0331fc6fa8daa22e
夏の濃厚な部分がまだ残って
秋の入り口が見え隠れするような
お野菜セットの内容です。
Img_b5c2240ebf9dbda86bc76933bbe107ce
10/8 岡本よりたかさんが出版されます
「種は誰のものか?」
の発売を記念した出版記念トークイベントが
開催されます。

その本の中で、対談という形で
お話をさせていただきました。
ありがたく、貴重な時間で、
岡本さんの日々が向かっている先と
私たちが日々、向かっている先と
意識のところは同じなのに、
日々の小さな違いに驚きました。
そしていろんな意見が重なりました。

さらに。
出版記念トークイベントに参加させていただきます。
野口種苗の野口さんもいらっしゃいます。
久しぶりにお会いできるのでとても楽しみです。

ぜひお気軽に遊びにいらしてください。
それぞれの立ち位置でのトークですから
面白く充実した時間になること
間違いなしです!

……………………………

私たちの暮らしに関わる「食」の中で、
密接な関係にある「種」。

私たちは今ある「種」と向き合い、
日本のこれからの“種のあり方”について
考える必要があります。

そのためには、まず「現実を知る」こと。
そして「実践」し、
「行動に移していくこと」が大切です。

当日は、岡本よりたか氏と特別ゲストを
お招きして知られざる日本の「種」の現状から、
「どう行動に移していくか」を
書籍の内容に沿って
対談形式でお話しいただきます。

10月8日(月・祝)体育の日。
みなさまのご参加、お待ちしております。

******************************************************

【開催概要】

[日時]
2018年10月8日(月・祝)
開場18:30/開始19:00/終了予定21:00

[会場]
新宿文化センター
東京都新宿区新宿6-14-1
 (Click!) 

[参加費]
3,000円(当日現金支払い)
※『種は誰のものか?』一冊込み(サイン付き)

[定員]
150名

[申込み方法]
下記フォームに必要事項を明記の上、お申込みください。
 (Click!) 

詳細はこちらもご覧ください→ (Click!) 
Img_bf5a72960f71039cd75d759607bfd4c6
Img_44a268c8947d3bf61eab03d90d097fd3
ギリギリの告知となりましたが。
明日、ラジオ深夜便に出演します。
毎月レギュラーとして出演させていただいております。

夜、11時過ぎの時間帯で、
少し遅いのですが、
タイミングがあわれましたら、
聞いていただけたらとても嬉しいです。

詳細はこちらのページもご覧ください→ (Click!) 
Img_d694f2e6a08a1c07cf820449c61bf2b6

告知が遅くなりましたが
本日より開催されています
オーガニックライフスタイルEXPO内での、
SHARE THE LOVE for JAPAN -大地にやさしい農業のために-
のブースにてトークセッションに参加いたします。

この大地に優しい生産方法を選び
日々挑戦し続けている農家を応援するこの企画。
いろんな先駆者のかたをお招きして
それぞれの立ち位置で熱い想いを
語ってくださいます。
これから農業をはじめたい方、
興味のある方、そして
オーガニックがどんな形で形成されているのか
ぜひ、目でみて話を聞いて
確かめてほしいなと、心底思います。
なかなか出逢う機会もないですから
この機会にぜひ。

私たちが大尊敬しております
澤登さんも同じ日にトークがあります!
ーーーー

いよいよ22日土曜日から始まる
第3回オーガニックライフスタイルEXPO内での、
SHARE THE LOVE for JAPAN -大地にやさしい農業のために-ブース内では、
参加農家の皆さんによるトークイベントや試食会を開催します。
全国レベルで農作物や加工品が高く評価されている先駆者たちのこだわり、
そして今年から参加した10名の新しき「挑戦者(=新規就農者)」たちが
「大地にやさしい農業」をどう実現しようとしているのか、
胸に宿す熱い思いを聞きに来てください。
事前お申込みは不要です。皆さまのお越しをお待ちしております。

|会場
SHARE THE LOVE for JAPANブース内コミュニティスペース(地下2階 展示ホールE ブース番号200)

<9月22日(土)>
11:00~11:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の野菜
■参加予定|挑戦者・村田 寿政、開拓者・雲英 顕一、
吉田 壮伸 (Takenobu Yoshida)
■試食予定|ジャガイモ、枝豆(黒豆)など

12:00~12:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の加工品
■参加予定|挑戦者・上林 由香 (Yuka Kanbayashi)、橋本 純子 (Junko Hashimoto)、開拓者・村田 光貴 (Kohki Murata)、大野 収一郎 (Shuichiro Oono)
■試食予定|マンゴーコンポート、ドライフルーツ、米の加工品、野菜の加工品など

13:00~13:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の野菜
■参加予定|挑戦者・Matsumoto Mami、杉浦 秀幸、開拓者・渡辺 学嗣 (Takashi Watanabe)、Masaomi Abe阿部 正臣
■試食予定|落花生、かぼちゃ、ナス、ピーマンなど

14:00~14:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の野菜
■参加予定|挑戦者・村上 昭平 (Shohei Murakami)、大島 和行、開拓者・藤原 直樹、田畑勇太
■試食予定|塩むすび、ジャガイモ、ニンニク、ミニトマトなど

15:00~15:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の野菜
■参加予定|挑戦者・大島 雄 (YU Oshima)、2017挑戦者・椿幸久、開拓者・Miho Kitakawa、宮崎 康介 (Kousuke Miyazaki)
■試食予定|カボチャ、枝豆、ジャガイモなど

15:50~16:20
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の加工品
■参加予定|挑戦者・湯浅 純 (Yuasa Jun)、開拓者・仲澤康治、植田 絵美 (Emi Ueda)、影沢 裕之 (Hiroyuki Kagesawa)
■試食予定|オリーブ茶、野菜ジャム、みそ玉(味噌汁)など

<9月23日(日)>
11:00~11:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の野菜
■参加予定|開拓者・Kouta Kitunai、繁昌 知洋 (Tomohiro Hanjo)、小島 冬樹、eminini organic farm 東樋口 正邦
■試食予定|セロリアック、リーキなど

12:00~12:30
生産者トーク&試食会|「大地にやさしい農業」の野菜&加工品
■参加予定|当日ご紹介
■試食予定|当日ご紹介

12:50~13:20
先駆者の言葉|「農家にとって未来につながる道~有機で育てるブドウとキウイ~」
■登壇|先駆者・澤登 早苗

13:40~14:10
先駆者の言葉|「有機オリーブ農家が教える無農薬でオリーブを育てる方法」
■登壇|先駆者・山田 典章 (Noriaki yamada)

14:30~15:00
先駆者の言葉|「6次産業化~ここでしか作れないもの~」
■登壇|先駆者・福留 ケイ子さん

|会場 B2Fメインステージ
9月23日(日) 15:30~16:30
新規就農者「挑戦者」トークセッション
「大地にやさしい農業」を志す挑戦者たち 10の物語
■ファシリテーター|WarmerWarmer 高橋 一也 氏
■登壇者|2018年挑戦者(=新規就農者)
村上 昭平(北海道上富良野町)・大島 和行(栃木県塩谷町)・湯浅 純(山梨県南アルプス市)・杉浦 秀幸(山梨県北杜市)・
Matsumoto Mami(滋賀県東近江市)・橋本 純子(香川県三豊市)・大島 雄(愛媛県宇和島市)・村田 寿政(熊本県南阿蘇村)・上林 由香(沖縄県名護市)
■内容|今年から新たにメンバーに加わった挑戦者(=新規就農者)が農業に挑む思いを語ります。
※各イベントの内容は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください
 (Click!)