Img_042cc41d5f2da87f3e2f5c5765c9baf3
美術手帖 17年10月号新しい食 掲載いただきました。

-------------------------

私たちは日々、何かを食べて生きている。
自分がどういうものを食べているのかを知ることは、
自分が生きる環境の構築に主体的に関わる第一歩となる。
巨大企業の利益追求により工業化され、
目に見えなくなってしまった食の供給システムや、
遺伝子組み換え食品、食品添加物のリスクなど、
食をめぐる問題はあまりに大きい。
本特集では、そんな現状において、食を通じて
新しい未来のあり方を模索する取り組みに大小問わず注目したい。
何を、どう、食べるのかが問われる現在の「食」の動向と、
その可能性を探っていきたい。

INTERVIEW
キーパーソンと考える食の未来
土井善晴 食の基本「一汁一菜」という提案
野口勲 「タネ」から考える生命の循環
高橋一也 守るべき「古来種」野菜
秋山佳胤 「不食」という思想

-------------------------

ワタリウム美術館で野菜の販売をするときもそうですが、
思わぬところで、ご紹介いただいたり販売したりすると、
思わぬ切り口で、野菜の素晴らしさを見ることができます。
角度を変えてみてみると、
昔からずっと変わらずにそこにあること、と、
今だからこそ変わっていきながらも、そこにあること、に
出逢えたりするのです。

そんな時間が、私たちや農家さんに
生きぬいていくヒントをもらったりもして。
相互に、そういう意識でいれることのできる場、
というのは、すごく、いいなと思ったりします。

ご掲載いただき、ありがとうございました。
意味もわからず、この本を手にしていた頃が懐かしいです。
Img_bbbb78ecef9776dceb81e0630301fbf2
昨年11月に世に出させていただきました
「古来種野菜を食べてください」の重版が決まりました。
心底、嬉しいです!

発売されてからずっと、コンスタントに
本を読んだ方から直接感想をいただき
お野菜セットをご購入いただいたり、
トークショーやワークショップ、マーケットなどに
お声がけいただいてきました。

例えば自分たちが本を読み、心底感動した時に
その著者のかたへ連絡をとるか、というと
昨今の人との繋がり方を考えると
むしろ、安易に繋がれない、という感覚もあります。
ですが、この本を読んだあと、
自分の中の声が大きくなり、大きくなり、
ダイレクトにみなさまからお声をよせられるということに
私たちこそ、その行動に大きな感動をいただくのです。

連絡してみよう!
コンタクトをとってみよう!
話を聞いてみたい!
どうしても、どうしても、warmerwarmerと話をしてみたい!

そのお気持ち、そのどなたの声も意見も、溢れ出てきたものとして
私たちに伝わってくるのです。
本当にありがとうございます。
毎回、感動の嵐です。

そして、どこの本屋さんに出かけても、
ずっとあるんです。
どこかの棚に、必ず。
そして、気にかけてくださってる方は、
「ここの本屋さんに置いてありました!」
と写真を送ってくださる方もいます。

それはきっと、この本のタイトルと装丁も
その要素のひとつなんだと思います。
このタイトルは私たちが決めたものではなく、
編集者の方や営業の方が、
「たくさんの人たちに手にとってもらいたいから!」
ということで、決めてくださったタイトルです。
単純!明快!
そして、装丁もあたたかい手触りのある本にしましょうと、
作ってくださった。
だから、こそ、本がたくさん販売されている中で
どなたかの役に立つよう、本屋さんが感じて置いてくださってるのかなと。

とにかく、そんなに多くはありませんが
重版が決まったことを、皆さまへお知らせいたします。

------

これを機に、warmerwarmerのwebサイトでも販売することにしました。
お野菜セットだとちょっと戸惑う、ということがあった時、
読んでいただけたら、私たちの「流通」への感覚が、
少しくらいは伝わるのかなと思います。

こちらからご注文できます→ショップページ  (Click!) 

また、これまであまり伝えておりませんでしたが、
野菜を提げて、この本を提げて、古来種野菜の写真を提げて。
全国津々浦々、足を伸ばしております。
お話会など興味がある方がいらっしゃいましたら、
一緒に企画を作っていくこともできます。
みなさんの知っている、日常の繋がりと
私たちが知ってる農家さんのパイプを使えば、
何かのどこかの誰かの1歩になることもあります。
お気軽にお声がけください。

NHKのラジオも順調に月に1度、お話させていただいております。
こちらも毎回、かなり勉強させていただいております。

今年も天候に悩まされる年だったと思います。
少しでも、明るい話題をお届けできて、嬉しいです。

今後とも引き続き、
warmerwarmerをよろしくお願いいたします。

高橋一也
Img_1875e260e2fdd010f9f42459675623b9
Img_a4e612c0d383aeb96878c410de5545a0
以前よりとても気になっていたマーケットに参加させていただくこととなりました。
当日、私たちは野菜ももちろんですが写真も展示しようと考えています。
みなさんにとっても、きっと、素敵な出逢いがあると思います。
ぜひ、足を運ばれてみてください。

-----------


TRACING THE ROOTS 旅と手しごと

「旅と手しごと」をテーマに各地から集まった表現者とともに行う合同展示会&marketです。
世界中の様々な地域の暮らしの営みを記録した映像を交えそれぞれの形をお届けいたします。

先人が通ってきた道を辿ってみる。
むかしむかし、そのむかし
そこに在ったこと
土と水と空と光
空をあおぎ
耳を澄ます
大地の声を聞き
土を耕し
季節のものを食べ
身にまとうものをつくる
誰かと出会い、身近なものを持ち寄り、ひらめきあって
あたらしいものがうまれる。
世界はひとつにつながっていて
古代から人はそんなことを繰り返してきたのかもしれません。


日時|
展示会 (buyer & press only)
2017/9/6(wed.)~8(fri.) 11:00-18:00

market & フード (for everybody)
2017/9/9(sat.)11:00-18:00

場所|STUDIO LOTUS
東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル4階

LINEUP
9/6(wed.)~9/8(fri.) 11:00-18:00
展示会 (buyer & press only)
・LIGHT YEARS
・WONDER FULL LIFE
・宝島染工
・麻こころ茶屋macocorochaya
・House. マスミツケンタロウ
・菜と果
・中津箒 (横畠 梨絵)
・mi’ndy
・eavam
・仁平古家具店 / pejite
・YAA!!
・手の長いおじさんプロジェクト

9/9(sat.) 11:00-18:00
market&フード (for everybody)
・HAFA
・iai
・関田孝将とラマパコス
・warmer warmer
・藤川孝之
・lente
・麻こころ茶屋macocorochaya
・House. マスミツケンタロウ
・菜と果
・中津箒 (横畠 梨絵)
・mi’ndy
・eavam
・YAA!!
・手の長いおじさんプロジェクト
・LIGHT YEARS
・宝島染工
・WONDER FULL LIFE
・ONE KILN
・Lue
・仁平古家具店 / pejite
・あゆみ食堂
・東京豆花工房

WORKSHOP(事前予約制)
9/6(wed.) 菓子屋ここのつ/茶寮
9/7(thu.) 藤川孝之/フジカワデッサン
9/8(fri.) 熊谷幸治/日干しの土偶

ECフィルム上映会・トークショウ(事前予約制)
9/8(fri.) 小林和人(Roundabout & OUTBOUND)×石川昌浩(ガラス作家)×森岡督行(森岡書店)
Img_9ede3e2569fe18120823c47294b8db71
この夏は嬉しくて楽しい祭りが続きます。

西荻窪にあるcotito コチトさんの
3周年マーケットに参加させていただきます!

普段から感じて想っている気持ち、
おめでとうの気持ち、
3年もこんな風に頑張ってるなんて
本当にすごい、尊敬するよ、という気持ち。
どれもこれも、日々の願いや想いごと、
言葉にしようとすると、
すごく、うすっぺらくなってしまいそうなので、
だから、その気持ちを!
そのcotitoへの想いを!!

「立ち呑みcotito 8/19 15:00〜」

で、みなさんに振る舞いたいと思っています。
ぜひ、みなさま、お立ち寄りくださいませ。

8月19日 15時からkaonnさんと一緒に立ち呑みcotitoに参加します。

詳細は以下のとおり!
ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。

----
cotito
3rd anniversary
market

cotitoは沢山の方々に支えられ、8月21日で3周年を迎えます。
この3年間でたくさんの方々とお仕事を一緒にすることができました。
繋がる事が出来た大好きな方々の作る物や食べ物などをcotitoのお客様に喜んでいただけたらと思い、
3周年マーケットを開催します

8.19(sat)・20(sun)
open11:00〜close20:00(日曜日は18:00まで)

SHOZO COFFEE (お菓子)
 (Click!) 
@shozo_information

nagi (cotitoのマグカップなど)
 (Click!) 

イイダ傘店(雨傘・日傘・小物)
 (Click!) 
@iidakasaten

kaonn (酒の肴とそうざい)19日15時からスタート!
 (Click!) 
@__kaonn__

warmer warmer (味わう日本の古来種野菜/販売も)19日15時からスタート!
 (Click!) 
@tete3969

MOON mica takahashi COFFEE SALON (出張コーヒー屋さん)20日11時からスタート!
 (Click!) 
@micatakahashi
food letters cayoco (旅のサンドウィッチ)20日11時からスタート!
@__food_letters__

cotito (お花のお菓子やドライフラワー)
19日は15時からkaonnとwarmerwarmerと一緒に立ち呑みcotitoやります
20日は11時からMOON mica takahashi COFFEE SALON とfood letters cayocoも出店します
※どれもテイクアウトできます
お酒やおつまみ、コーヒーやサンドウィッチを片手に楽しい時間を一緒に過ごしましょう

cotito
東京都杉並区西荻北5-26-18
TEL 03-6753-2395
MAIL info@cotito.jp
Img_8662ec032ffe7eddc74bb1b5a457ff09
Img_b9818c1a6d7f0000ec19ea801c1c4970
8/5,6 に開催しました、夏祭り。
ご来場くださいましたみなさま、
本当にありがとうございました。

出展者の方々の日常が
この時をつくる。
わざわざ何も言わなくても
ちゃんとちゃんと、
みんながわかっている、
安堵感。

真ん中に八百屋をおいた。
ミコトやさんと、うちと。

出展者のみなさま
お手伝いしてくださった
揺るぎない友人たち
そして、
私たちを受け入れてくれた
キチム、という場所。
本当にありがとうございました。
お礼はまた次のお祭りで。

私自身にたくさんの反省はあって。
やりたくてもできなかったことが
たくさんあって。
でも、今日は日本中で、
いつもより多くの人が
古来種野菜を食べている。
それが一握りであろうと、
そこに気づいてなかろうと、
それがやりたかった。
ある意味、祭り。
そこに、みんなが参加してくれた。
すごいことだと、思う。
みんなの力が集まったね。

祭りがはじまる前から出展者どうし、
アレヤコレヤざわざわと騒いだり
賑やかだったりして
あぁ、この雰囲気は素晴らしいなと、
次の開催のことを考えられる感じもあり。
キチム、という場所が繋いでくれるご縁を
大切にしていきたいなと感じました。
また、このメンバーでできたらいいなと
うだうだ、心底、思っています。

warmerwarmer 高橋
Img_0d2d7402e429457aebf25b3c65e477ab
Img_264aee284a9b14714b7b381391cb82c1
Img_ee087beee84618095aa232810c8c120e
-------
8/5-6 吉祥寺キチムで夏祭り
    12:00-16:30
武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 B1
キチムのサイトはこちら→ (Click!) 
-------


さて、白目をひんむきながら、準備を進めております、我々ですが、
大変ではあるんですけど、不安もあるんですけど、
でも、とても楽しみでもあるんです!

私たちの出し物は、
1.型抜き
2.屋台的古来種野菜food
3.八百屋

型抜き、昔懐かしの、あれ。
戦後、紙芝居が庶民の娯楽だった頃に、その余興として
べっこう飴の薄い生地をのばしたもの、
今よりも、その飴を作るのに技術を要したとありましたが、
その型をピンでぬく。
戦後のこと、私たちは語り継がれていることしかわからなくて、
今の子どもたちも同じくそう。
だから、知らないもの同士。
その時代に想いを馳せながら、その遊びを一緒にやってみよう、
って、思ったのがきっかけです。
楽しんでもらえると本当に嬉しい!

型がぬけたらガッツポーズ。
ぬけなくても、その甘い、甘い、それを口の中へポイっと。
衛生的なことや材料のことをいえば、それは本当にごめんなさい。
でも、これは遊びの文化。
ゲーム、のはしり。
そういうことも、なんとなく、体験してもらいたいなと。

古来種野菜を楽しんでもらいたい。
それを楽しめる場のところで、
感じてもらいたいし、食べてもらいたい。


こういったことは、
参加してくださるメンバーの方には
伝わっていて、
そのことが、本当に嬉しい。
やります、といったら、やろうやろう、と言ってくれて、
楽しい夏祭りの空間を作ってくれる。
盛り上げるからね!とも言わず、
楽しむからね!と言ってくれる、参加者の方々。
心から感謝です。

準備は八分めで終わらせて!
2017年の祭りをはじめますよ!

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。


Img_35a4da3ef1dfa86b05a7de3678c06446
8月5日、6日、と吉祥寺のキチムで夏祭り!
詳細はこちらもご覧ください。→ (Click!) 

予約制のワークショップとして料理家tottoさんの「こどもレストラン」を開催。
本日10:00より、募集開始します!

-----------

tottorante「夏の!こどもレストラン」 

メニュー:夏のデザートプレート
(メニューは変更する場合がございます)
夏のフルーツを使ったパフェや自分で盛り付けるデザートプレートです。

日時: 8月5日(土)/ 13:00〜15:00
場所:  吉祥寺キチム
参加費: 親子1組4000円(税込)

子どもたちがお料理をして、大人の方が食事をします。

※親子1組でのご参加となります。
※兄弟でのご参加は参加料として500円追加させていただきます。
 その場合は二人で一つのものを作ります。
 一人で1セット作りたい場合は必ず大人の方1名様とペアでお申し込みください。

持ち物:ハンカチ、飲み物、咳が出るお子様はマスクをご持参ください。
募集年齢: 年長から小学生 10組(先着順)

お申し込みは以下の情報を明記の上、
件名に「こどもレストラン」と記載しメールにてお申し込みください。
↓↓↓
tottorante☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください。)
①お子様のお名前、年齢
②参加の保護者の方のお名前
③携帯電話番号
④アレルギーの有無
・祝日をはさむこともあり、5日以内に返信させていただきます。
・パソコンからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。
・こちらから返信メールをさせていただき、お申込み完了となります。
・お問い合わせ等もメールにてお願いいたします。
・万が一返信がない場合は、迷惑メールなどをご確認の上、
 再度メールにてご連絡ください。


それでは、たくさんのお申し込みお待ちしております!
料理家・フードスタイリスト
totto
Img_929e00890ca27e91d11a08db94f76d64
Img_c6e4531e8ddaafea02a4f7d1d73d470d
Img_6b565130da62ad5d279fcbfe02b63e58
7月9日 池松自然農園 畑びらき「糸島の坊主と吉祥寺のモヒカンと」

この日のために、池松さんは頭をまるめて、
城くんもピカピカにまるめて、
高橋はサイドをがっつり刈り上げて。

2月、みつる醤油の城くんが我が家でワークショップを開催してくださいました。
その時に、福岡で何かやりたい、と話がふくらみ、
池松さんともそういう話をしているから、ぜひ!!
という流れで、この企画が持ち上がりました。
オープン企画にしようと思ったのですが、
普段から、日常的に池松さんのお野菜を食されている
お客様を優先にご案内したところ、
枠がうまってしまい(素晴らしい!!)
クローズド企画となりました。

池松さんの作られた野菜を高橋がシンプルに調理しお重に盛り付け、
お出ししました。
納屋の入り口には玉ねぎが干せるほど大きな屋根があるので
雨の心配もせず、子供達の賑やかな声を聴きながら
ゆっくりと食事をされていました。
そのあと、池松さんと高橋のトーク!

希少とか貴重とか。
そういったことじゃなくて、
もっと、食卓に寄り添いたい、っという池松さんの想い。
日常を豊かにしてくれる希望のようなものが
たくさん、詰まっている野菜たちが、
自分たちを作ってくれる。
この話を聞いたら、、、
お客さんたちは、もっともっと、そして、ずっと。
池松自然農園の野菜を食べていきたいと思ったんじゃないかな、と感じました。
そのあとは、ヒヨコたちをみて、畑をみて。
どこに、何が、植わっている、と説明してくれる池松さん。
こんなことを言ったら失礼かもしれないけど、、、
池松さんも千紗さんも、出会った時とは、顔や雰囲気が、全然、違う。
たくましくて、愛が溢れていて。
一本の木のようにみえる。

無事に、きちんと、イベントは終わり。
その後、私たちは三日三晩、呑み続け、話し続け。
その価値観を共有することができました。
古臭い考えで頑なで頑固で変えられないものばかり持っているけど
同じ価値観でいられること、本当に嬉しかった。


Img_af71e28430a28a812b70120d15f9eab2
九州地方は野菜は多く、私たちが扱う本州はなかなか野菜がない状況での参加でした。ない中でも伝えることはあります。
Img_0fcd5a11cd0d4a16508bce1f40f00cec
木村製パンも並びました。並んだところを一瞬見れましたが、あっという間に完売しました。
Img_7b68315401aa2e0e44c45a8116170b06
深草さんとcondateさんのお弁当です。
7月8日 くらすこと、でのマーケット
「たねと野菜とくらすこと」

オープンしてから1時間、2時間、たっても
お客様がひっきりなしにいらしてくださいました。
とにかく、素晴らしい時間を過ごさせていただいた。
その一言しか、言い表せません。

まだ、きちんと整理できていないのですが、
ひとつだけ、気づいたことが。

今回、お客様に試食していただきながら野菜をみてもらう、
という、試みをさせていただきました。
全ての野菜を焼いたり蒸したりシンプルに調理したのですけど、
茄子、については、「吉川茄子」と「天狗茄子」と食べくらべをしていただきました。
そうしたら、

吉川茄子はキュッとひきしまっていて食感がしっかりしていること、
天狗茄子は水分が多くてふわっとしていること、

この二つの特徴を、ほとんどの方が感じてくださいました。
そして、美味しいと。
それは、大きな気づきでした。

普段、食べていないからこそ、
この大きな味の違いに気づける、
もしくは、普段、一般的な食生活だったとしても、
この古来種野菜の美味しさは、
誰にでもわかる、
いつでもわかる、
ということ。

些細なことではあるのですが、
私たちにとっては、希望、のようにみえました。
だって、子どもも大人も、この古来種野菜が美味しいと感じる味覚を
失っていない、ということ。

この野菜たちの味、というのは、
人の味覚での判断でしかないので
遠い100、200年後に、美味しいと感じてもらえるかは
謎なところでもあるのです。
だけど、現代の方々が感じてくださった、ということは、
ここから50年くらいは、きっと。
この野菜たちが、細々とでも、
活躍していける場があると、信じられる、と思ったのでした。

くらすことの藤田さんご夫妻、
スタッフのみなさま、
オーガニックベースの奥津さんご夫妻、
企画段階より
その企画力と共に、着地するまでに進んでいく
内容とスピード。
素晴らしいチームワークに
私たちは、右往左往するしかありませんでした。
主催、だなんて、ほんと、名ばかりのものでした。

ただ、藤田さんとのご縁を繋げてくれた
吉祥寺のお花やさん、hibiちゃん。
本当にありがとう。
hibiちゃんが繋げてくれなかったら、
この企画はありませんでした。
心より感謝!!

ご来場いただいたみなさま。
食べていただき、参加していただき、いかがでしたでしょうか。
いろんなご意見をいただけたら本当に嬉しい。
全国に、こんな場所や時間ができることを
心底、願っていますし、
その場に私たちが必要でしたら、
ぜひ、気軽にお声をかけてください。
全国、津々浦々、どこにでも、出かけますので。

とにかく、素晴らしい時間を
ありがとうございました。


Img_0f9c0858fee86d2ab4c3a35784f9cba9
お祭りは小さかろうが大きかろうが、いくつあってもいい!
その街に住む人たちらしい賑やかしが短い夏をぎゅっと盛り上げます。
日焼けした肌に馴染む甚平や浴衣、涼しげな音、風情のある景色。
そんな夏休みのような時間は子供だけのものじゃない。
休みじゃないけど、休みのように遊ぶ大人が勢ぞろいしたら!?
そんなお茶目な時間に遊びにいらしてください!
この日は吉祥寺の月窓寺もお祭りですよ。
これは盛り上がりますねー。
 
 「縁にちとエンヤサーのサマータイム」 
  開催日:2017/8/5(土) 6(日) 12:00〜16:30
  会場:キチム(吉祥寺)webサイトはこちら→  (Click!) 
  主催:warmerwarmer 

■ 八百屋
  ・  ミコト屋
  ・  warmerwarmer
■ フード
  ・  ミコト屋 || 自転車かき氷!? ||
  ・  warmer warmer || 屋台的フード 冷やしきゅうり、とうもろこし、など ||
  ・  アベクミコ || ごはんもの ||
  ・  北川ベーカリー || ギョウザ ||
  ・  kaonn || あんみつや ||(8/5のみ)

■ パン お菓子 お花 本
  ・  木村製パン お面!?パン!?
  ・  タルイベーカリー パン(8/6日のみ)
  ・  cotito アクセサリーのような焼き菓子
  ・  kibi cafe(焼き菓子)
  ・  もりかげ商店 お菓子(8/6日のみ)
  ・  Tiny N ドライフラワーのアクセサリー
  ・  Main Tent 絵本収集家フランソワ・バチストさんの古書の販売や読み聞かせなど(8/5日のみ)

■ ドリンク
  ・  キチム

■ 予約ありのワークショップ 
   || 8月5日 tottorante 夏の!こどもレストラン ||
   メニュー:夏のデザートプレート
        夏のフルーツを使ったパフェや自分で盛り付けるデザートプレートです。

   時間:13:00-15:00
   参加費:親子1組 4000円
   ※ 7/13から募集開始いたします。
  

■ 予約なしのワークショップ 
  ・ cotito お花スクイ
  ・ warmer warmer 型抜き 射的