BS朝日 アーシストcafe 緑のコトノハ
放送が決まりました。

放送日時:2017年3月27日~3月31日

1月中旬頃からずっと、
撮影、記録を続けていただきました。
月曜日から金曜日まで、
毎日5分、放送していただけます。
また近くなりましたらお知らせしますが
番組webサイトでも、
公開されましたので
お知らせさせていただきます。
詳細はこちらをご覧ください→ (Click!) 
今年の2月初旬に出演させていただいた
NHKラジオ深夜便。
月に1度のレギュラー出演が決まりました。
それに伴い、前回収録したインタビューの
再放送が決まりました。

3/29(水)午前1時台 に放送予定です。
45分くらいのロングインタビューですので
もしお時間があえば、聞いてみてください。

4月からの出演については、つどお伝えしますが、
番組はこちらです!
2017年度・NHKラジオ深夜便「旅の達人」

放 送:毎月第4水曜日深夜=木曜日 午前0時30分~40分頃
テーマ:「やさいの日本地図」
聞き手:石沢典夫アンカー

記念すべき、第一回目の放送は
4月26日(水)深夜=27日(木)午前0時30分~
となります。
また同じ枠で毎週違うゲストの方が出演されますので
こちらもチェックなさってみてください。

   第1週 ミッドナイトトーク
   第2週「低い山を目指せ!」 大内 征さん(低山トラベラー)
   第3週「全国鉄道紀行」   宮村一夫さん(東京理科大学教授)
   第4週「やさいの日本地図」 高橋一也さん(伝統野菜の八百屋)
   第5週「のんびりアジア旅」 下川裕治さん(旅行作家)

10分、という時間の中に、
その季節のお野菜のことや農家さんたちのこと、
お伝えしていこうと思います!
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらも→ (Click!) 
Img_685fdb8398b7dbe764a34b91553f8b75
Img_07d4e6e4f5d2cfafe197097a3d228f8c
3月4日(土曜日)千葉県成田市大室にある「古民家空間 風楽(ふら)」さんにて
お話をさせていただきます。
お近くの方、ぜひ、お会いしませんか?

「風楽(ふら)」さんはとても素敵な古民家で
有機野菜を使ったご飯を出されたり、
また、興味深いお話会などを積極的にされていらっしゃいます。
今回、オーナーの川端様より
「古来種野菜を食べてください」
を読んでくださり、古来種野菜を食べてみたい、
もう少し、話を深く聞いてみたい、と、
ご連絡をいただきました。
言葉、文章、本、ということを通じて伝わったことがわかり
とても嬉しい瞬間でした。

古来種野菜プレートが付きます。
お昼ご飯をいただきながら、楽しく!フランクに!
お話できたらと思っております。
千葉方面のみなさまをお会いできたら嬉しいです。

風楽(ふら)webサイト→ (Click!) 
フェイスブックページ→ (Click!) 

詳細
——————————————————————————

古来種野菜を身近に〜種と野菜の話をしよう〜

「古来種野菜を食べてください」という本を読んだことがありますか?
私は最近読んでとても感動し、古来種野菜を食べてみたくなりました。
そしてこれを書いた著者に会ってお話を聞きたくて、思わずメールをしてしまいました。

著者の高橋さんは古来種野菜を「伝統野菜、固定種・在来種、地方野菜など、
かつて日本でも栽培されていて今では珍しくなってしまった野菜の総称」と定義しています。
そしてその野菜と種を残していきたいと願い、古来種野菜を普及させるため
「warmerwarmer」という会社を設立され、農家さんとの交流を深めています。

今回、古民家に高橋さんが来ていただき、野菜や種の話をしてくださることになりました。
お話の後は、珍しい古来種野菜を使った美味しい古来種野菜プレートをご用意しますので、
ランチしながらみなさんで交流していきましょう。
種を守り古来種の野菜をぜひ後世に残していきたいと思っています。

○日時:3月4日(土)11時から1時30分
○場所:古民家空間風楽  成田市大室750   
    0476−36−1960
○講師:「古来種野菜を食べてください」の著者高橋一也さん
○内容:古来種野菜とは何か、
    農家さんについて
    なぜ古来種野菜を流通しようと思ったか
    種の話
    古来種野菜の美味しい食べ方etc
○参加費:古来種野菜プレート付き 
     3500円
Img_39a71fb0c5e9261c0e93fda5bddfa69f
Img_b1843253fdf6d33497806f0976e8a3c5
Img_84971ba695d15fe285b11d99e97d26f1
満席となりました

ミツル醤油の城くんをお招きして。
お醤油作り と 古来種野菜のごはんの会 vol2.

海と山に囲まれ、自然豊かな福岡県糸島市にあるミツル醤油醸造元、
その4代目 城慶典君が、またまた出荷場へ来てくれます!
実はwarmerwarmer味噌仕込みの際には、
城君の麹を使わせてもらっているんです。

大豆や麹、発酵から熟成までのこと、お醤油ができるまでの、
なぜ?や、どうして?のお話を聞きながら、
今回は濃口醤油の仕込み方を教わります。
食材や麹によって味わいが違う、きき醤油も。

古くからの友人です。
いろんなお話も聞けるといいですね!

お醤油づくりが終わったら恒例の!
古来種野菜のごはんを、一緒にいただきましょう。

-------------------------------------------
【お醤油作り と 古来種野菜のごはんの会 vol2.】
満席となりました
<内容>
お醤油作りワークショップ 出来上がり700ml
きき醤油
お醤油のいろんなお話

2月23日(木) 11:00~お昼ごはん付
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)
人数:3~15名様まで(お子様連れも大丈夫です)
料金:5500円 
※お醤油は持ち帰っていただき、ご家庭で発酵・熟成させてお楽しみいただけます。
持ち物:エプロン、手拭タオル
申込:件名を「お醤油づくりの会 参加希望」と記載いただき、
   希望時間、お名前、電話番号、お子様連れの場合はお子様のお名前と年齢、
   人数、アレルギーの有無をご明記の上、
   yoyaku@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※食材の準備により3日前よりキャンセル料が発生します。ご了承ください。
-------------------------------------------------


<城慶典 講師プロフィール>

福岡県糸島市、ミツル醤油醸造元の4代目。

おじいちゃんの時代には醤油を一から作っていたこともあり、
高校生の時から醤油屋を継ぐのなら、
かつての醤油作りを復活させたい、
一から醤油を作ってみたいと志す。

2010年糸島へ戻り、自家醸造を復活させ、「生成り、」を作り上げる。

ミツル醤油醸造元→
 (Click!) 
醤油作り奮闘記・ 職人醤油→  (Click!) 
Img_870f96072df6defd490228dce7b1e9a2
Img_61b055a7ab2f135058e1cf4e6f4317bf
2月11日、12日、刊行記念イベント/福井県

福井県の伝統野菜と知り合ってから3年ほどたちますが、
京都府、石川県、と隣接している土地というところでも
わかるように、その両県と同様に、
素晴らしい伝統野菜がたくさんあるのです。
地元で伝統野菜の普及活動をあらゆる形でされている、
「八百五商店」の松尾さんが、
いつも私たちにそのことを伝えてくださり、
そして、生産者の方々を繋げてくださっています。
刊行記念イベント、とおっしゃってくださっていますが、
そんな松尾さんとの、トークショーを、
2月11日の夜、12日の午前、とたっぷり開催します。
とても楽しみにしているのは、私たちです!
お近くの方、ぜひ、遊びにいらしてください。
野菜のいろんなお話をしましょう。

---------------------------------------------------
【2月11日開催:古来種野菜を食べてください 福井 浜町】

高橋一也著【古来種野菜を食べてください】刊行記念イベント
■Date :2017.2.11 (sat)
■Place :BRIDGE BREW  ...
    福井・浜町クラフトブリッジ 3階 
    〒910-0006 福井市中央3-5-12 開花亭sou-an前
■talk show: 18:00
■food show :19:00〜 
■Entry fee :¥3000 古来種野菜料理 +1drink
■Reservation:件名を「2月11日イベント希望」とし、氏名、電話番号、人数を明記の上、
        yaogo805@gmail.com マツオまで送信してください。
        *本を希望の方は販売も致しますのでその旨を明記ください。
■Deadline: 2.6 (sat)まで  (定員30名)

 晶文社【古来種野菜を食べてください】の刊行を記念し、
 東京から古来種野菜専門の八百屋warmerwarmer高橋一也氏が来福。
 全国の古来種野菜の現状から、種のこと、農のこと、食のことまで。
 高橋一也とマーク マツオ(野菜ソムリエPro.)が作り出す、古来種野菜ワールドナイト。
 福井はもとより、全国から集めた古来種野菜を使った料理。
 ブリッジブリュ自慢のクラフトビールと一緒にお楽しみください。

---------------------------------------------------
【2月12日開催:ふくいの古来種野菜と冬やさい】

福井に昔から残る古来種野菜たち。
次世代に残して行く、繋げていく。そこには様々な課題があるのも事実。
種のこと、農業のこと、野菜のこと、いろいろなコトを語っていくイベント。
試食の時間もありますのでお楽しみに。

■開催日時:2月12日(日曜日)11:00〜13:30
■場所:福福小屋(JR福井駅西口 ハピリン2階)
■参加費:1.野菜ソムリエコミニティ福井会員 1500円
     2.一般 2000円
     3.書籍付き特別価格:野菜ソムリエコミュニテイ福井会員3000円/一般3500円
■定員:30名
■申込方法:件名を「2月12日イベント参加希望」とし、氏名、電話番号、人数を明記の上、  
      yaogo805@gmail.com までメールにてお申し込みください。

■内容:第一部:高橋一也講演
    第二部:セッション 生産者×高橋一也×マークマツオ
    第三部:試食 福井の旬の冬野菜他
---------------------------------------------------
午前4時台【明日への言葉】
未来につなぐ「野菜の物語」
45分ほど、お話します。
少し、早い時間帯となりますが、
早起きをされている方、
もしくは、徹夜をされている方、
ぜひ、ご視聴ください。

詳細はこちらも→ (Click!) 
Img_8ad8cc883e7b8f8f7ceb607dbae265c4
「warmerwarmer 味噌仕込みの会 2017」

毎年、冬の一番寒い時期に、
婦人会のようにみんなで集まって、味噌づくりをします。
長野県なつみ農園さんの「こうじいらず」
福岡県みつる醤油さんの米麹。で。

さらさらと麹と塩がなじむ時間。
大豆をまぜて、えいえいと器につめる時間。
わたしたちの手を動かす、時間。
お味噌が、私たちにどれだけ寄り添っているのかは、
時間がたって、秋口にその味噌を頂いたときの味わいに、感じるもの。

なつみ農園さんのこうじいらずは、長野県の在来大豆。
「こうじがいらないほど甘くて美味しい味噌ができる」
と言われている大豆です。
城君の米麹もいつもいつも我が家の味噌を美味しく育ててくれます。

今回は、白味噌、麦味噌、どちらか2Kをお持ち帰りいただけます。
もちろん、両方とも、でも大丈夫です。
お子様連れでも大丈夫ですし、わいわいと、みんなで愉しく!
味噌を仕込めるといいですね。

----------------------------------------------
日時: 2月14日(火曜日) 11:00~13:30←満席となりました,17:00〜19:30
    2月15日(水曜日) 11:00~13:30←満席となりました,19:00〜21:30
    2月18日(土曜日) 11:00~13:30, 15:00〜17:30   
    2月19日(日曜日) 11:00~13:30, ←満席となりました
場所:warmerwarmer出荷場 ※吉祥寺より徒歩10分
   東京都武蔵野市吉祥寺(ご予約確定後お知らせします)

人数:各回3〜8名様まで(お子様連れも大丈夫です/小学生以上ですとお食事代500円いただきます)
料金:6000円 (お食事代込み)
   麦みそ、白みそ、どちらか2Kお持ち帰りです。
   ※ 簡単ですが菜食料理もご用意します。一緒にいただきましょう。
   ※ 総量4Kご希望の方は8500円です。
申込:件名を「味噌仕込みの会、参加希望」と記載いただき、
   希望日時(いくつかあげてくださると助かります)、
   人数、ご連絡先、麦味噌、白味噌、どちらかとキロ数を
   ご明記の上、order@warmerwarmer.netまでお申し込みください。
   ※ 材料の手配がありますため、お早めにお申し込みいただけると助かります。
-------------------------------------------------

手前味噌のお話がたくさんできると楽しいですよね。
お会いできることを楽しみにしています。

Img_17181f988f0cdd2302b7a0cf53039e20
Img_864f7b84d20ac321dcb148ca040f97ec
いよいよ、明日から古来種野菜の写真展
「Piece Seed Project」開催です!
ついさきほど、原田郁子さんと、ななさんに
照明を整えていただいて、
設営を終えてきたところです。
明日は、午後から16:30頃まで在廊しております。

展示の準備が終わると、
毎回、なんとも言えない気持ちになりますね。
写真を撮りはじめたときは、ただ、ただ、
手当たり次第に、デジカメで撮っていました。
ですが、もう少し、もう少し、と
一眼レフのカメラを導入します。
そして、カメラマンのS.ジェニーさんの存在。
それが少しずつなんだかカタチになり、
最初は40枚から、60枚、70枚、、、、と。
ここにきて、100枚の記録となりました。
野菜、とはいえ、植物ですから、
撮るタイミングをのがすと、なかなか撮れない。
葉の勢い、根のしなやかさ、身の水分など。
だから、4年たって、100枚、なのです。

そして、今回はコミュニケーションのひとつとして、
県別の古来種野菜リストを、興味のある方には差し上げます。
私たちはショップカード、というものを作っていません。
私たちの活動においてはあまり必要ないかな、と思っているからです。
いろんな意味で加速することがないので。
ですが、やはりそれでも、何か名刺代わりになるようなものを、
と考えて、こちらの形を思いつきました。
「warmerwarmerさんのショップカードはありますか?」
と聞かれたら
「あなたの出身地や、大切な県はどこですか?」
と。
一瞬、???となりますが、お答えいただいた県別のカードをお渡しすると、
いろんなお話ができます。その方の想いなど。
そんなことで、この県別のカードを制作しました。
ぜひ、こちらも手にとってごらんください。
そして、思い出のある地のカードをお持ち帰りください。
そのカードの下の方に私たちのwebサイトが記載されています。

1月22日までの開催です。
タイミングがあいましたら、
ぜひ足を運ばれてみてください。

21,22日は古来種野菜食堂も!
マーケットも!
開催しますよ。
ご予約、など、こちらまで。→yoyaku1@kichimu.la
詳細はこちらもご覧ください。→ (Click!) 
Img_2395a3d05fc99494ec0947d9abc0e4ce
新年、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
Img_6f643650116383fd29db84eb039a98b4
2017年は写真展からのスタートです!
ホームでもある、吉祥寺にあるキチム。
こちらで、Piace Seed Project 古来種野菜の写真展を開催。
期間中、21,22日限定ですが、
小さなマーケットと、古来種野菜の食堂も。
とにかく、この時期の野菜は美味しい。
寒暖の差、をダイレクトにうければうけるほど、
甘みも増し、濃厚になります。
ただ、リスクが大きいのも、もちろん。
大雪による被害だって、あるわけです。
そんなお話もしたいし、
食べていただきたいし、
触れて、いただきたい。
小さなマーケットとなりますが
その日限り、ランチもやりますので!
その美味しさや食べ方もお伝えします。
ぜひ、本来の野菜の姿を見にいらしてください。

-----------------------------------------

Piece Seed Project
古来種野菜の写真展
2017年1月11日 (水) - 1月22日 (日)

このたび、warmerwarmerが撮り続けてきた
古来より命が続いてきた野菜たちの写真展を
ホームでもある吉祥寺のキチムにて
開催するはこびとなりました。
その断面へ流れるような水分と、根と果実、茎と葉、
ひとつとして同じ色のないところ。紅、緑、白、黄、とげとひげ。
見逃したくない瞬時の、溢れる、何か。
私たちが生を営むところには、
絶えず続いている古来種野菜たちが存在しています。

日時:1月11日(水)〜 1月22日(日)
会場:ギャラリースペース&カフェ キチム
   東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 B1
open:水 木 金 12時-19時(L.O.18時)
   土 日  12時-20時(L.O.19時)
○カフェのためご入店の際にはご注文をお願いします。
○ご入店はラストオーダーの時間までとなります。

|| 古来種野菜のマーケット ||
1月21日(土) . 22日(日)
入場FREE / 11:00〜17:00

|| 古来種野菜食堂 ||
1月21日(土) . 22日(日) 
11:00〜15:00 ご予約制
※予約方法:
  件名を「1/21 or 22予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、お食事される人数、
  ご来店の時間」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。 
  yoyaku1@kichimu.la