Img_69dbc3f9ecf9ab1c0aa28a97eb0430f5

warmerwarmerです----

必要だと感じたことや、なくなってはイヤなもの。
それらをあたためて必要なところへ送り出したい。
みてほしいとか知ってほしいとかさわってほしいとか。
それは在来種固定種だったり
お野菜をつくってくれている生産者のことだったり
それから、その生き方だったり。
今だからこそ出逢った人たちの力をうんと集めて
底力やみんなの心をアタタメルことができたら、
と思います。

時にはみなさんの力が必要なときも。
そんな時にはぜひ声をきかせてください。
そしてみなさんの手をかしてください。

末永くよろしくお願いいたします。
お問い合わせはこちらまで→info@warmerwarmer.net
Img_9cd06be848faa58d08ee6a345a041779
Img_b080d6cb0f285367e3925d71e1860d9c
高橋 一也  / warmerwarmer代表

【プロフィール】
1970年生まれ。高等学校卒業後、中国上海の華東師範大学に留学。その後(株)キハチアンドエス青山本店に調理師として勤務するなか「有機野菜」と出逢う。1998年に自然食品小売業(株)ナチュラルハウスに入社。アメリカ「ホールフーズマーケット」ドイツ「ベーシック」等をベンチマークし、世界のオーガニック事情を捉えながら、同社の事業を無添加食品事業からオーガニック食品への切りかえに推進、店舗統括、販売企画、商品部青果バイヤー等の業務から取締役へ就任。売上高50億円の会社経営に携わる。
2011年3月の東日本大震災をきっかけに、同社取締役を辞任。warmerwarmerとして独立。古来種野菜(固定種・在来種)の販売事業の構築、有機農業者支援、次世代のオーガニック市場の開拓を目的にwarmerwarmerとして独立。

【warmerwarmerとして、今】
日本全国の有機農業生産者、有機農業関連団体と連携しながら、固定種・在来種野菜の普及事業、有機農産物のプロモーションのプロデュース、有機JAS認定検査員など、オーガニック市場を構築するために邁進中。講演会への登壇、独自コンテンツ企画など。「古来種野菜を食べてください」著書
活動の詳細はこちらもご覧下さいプロジェクト

・2013/9〜新宿伊勢丹店、青果売場・在来野菜コーナーの設置
・2016〜日本橋三越本店、銀座三越 取引スタート
・ワタリウム美術館および蔦屋書店にてコンテンツ企画
・全国の在来野菜の情報を集約、写真とともに展示する「Piace Seed Project」(2016/6 台湾にて開催)
・在来野菜に焦点をあてたイベント「種市」
・ファミリー層に固定種在来種の野菜を「Yes,Family@東急百貨店吉祥寺」
・サンタフェナチュラルタバコジャパン(株)/現(株)トゥルースピリットタバコカンパニーとの有機農業再生支援プロジェクトの企画、運営。(福島原子力発電所事故による有機生産者の移住支援)
Img_0601e0900470a9aac00111633bcb6eb5
Img_1f3efcccfb7e7d67c3f6751e234a6e26

公害反対運動やエコロジー運動の背景や様々な時代の流れにより、有機野菜とよばれる農産物が、数多くスーパーマーケットの店頭に並ぶようになりました。しかし、それらの野菜は、栽培の効率性、生産性、低価格などの欲求を満たすがため、同じ形、同じ色、同じ重さの野菜が店頭に並んでいます。それらはF1種とよばれる野菜たち。

本来の野菜は、人と同じように、ひとつひとつの野菜に個性があります。育った環境や風土によってそれぞれの味、形、色を形成し、すべて均一には育たないのが、本来の野菜の姿です。ですから、生産者の方々には、昔から受け継がれてきた自家採種、固定種での農産物を育ててほしいと願っています。生産者たちがその農法に取り組むためには、消費者の私たちが「食」と「種」への意識を深めなければなりません。その結果、次の時代を担う子供達に「種」を繋ぐことができるのです。

まずは、ぜひ。

昔から受け継がれてきた「本物の種」から作ったお野菜を一度食べてみてください。
いつしか食べた事のあるような懐かしい美味しさに、きっとみなさんの心も体も喜ぶはずです。